任意売却とは
任意売却とは、住宅ローンを滞納してしまったり、借入金が返済不能になってしまった場合に有効な解決手法です。
住宅ローンを滞納してしまうと…
住宅ローンの一般的な流れ

家を建てたりマンションを購入する際には、銀行などの金融機関の住宅ローンを利用してお金を借りるのが一般的です。この場合の、お金を貸す側を債権者、借りる側を債務者といいます。ローンを使用して購入した不動産は、ローンを全て返済するまでは、債権者に担保として抵当権が設定されるのが一般的です。

住宅ローンを滞納すると…

債務者(不動産購入者)がローンを全て返し終わる前に、何らかの理由で、ローンの返済を滞らせると、債権者(金融機関など)は自己の利益を守るために、担保になっている不動産を差し押さえて債権を回収しようとします。債権者は、裁判所に対して競売の実施を申請し、その申請に応じて裁判所が競売を開催し、物件が競売を通じて落札されると落札金が債権者に支払われます。競売で物件が落札されると、物件の所有権は落札者に移ります。物件の引渡し完了後は落札者が自由に物件を利用することが出来ます。

競売で落札される場合… 物件の価格が通常の相場より低い… 新聞やネット上に公開される… 落札金額が手元に全く残らない… こういった不動産競売を避けるには任意売却が有効な解決手段です。
なぜ任意売却が有効なのか?
任意売却と競売の違い

競売だと、所有者の意思に関係なく強制的に売却が進んで行きますが、任意売却は競売開札になる前に、所有者の意志(任意)を反映させて進める事が可能です。知人に買ってもらいたいという場合や、住み続けたい場合、引越日に関して相談に乗ってほしいという場合などにも柔軟に対応する事が出来ます。ただし、通常の不動産取引とは異なり債権者の合意が必要です。

任意売却のメリット

競売は債権者として、手続きに時間がかかることや、実勢価格より回収額が低い可能性が高いなどの理由から、任意売却を選択するケースが増えてます。任意売却では、債権者の合意手続き以外はほぼ通常の売却と変わらないため、プライバシーを守る事や、一般市場価格に近い価格で販売する事が可能です。また、売却代金の中から住宅ローンの他に税金(固定資産税、住民税等)の滞納や管理費等の滞納などの清算も出来ますし、引越代や残地物撤去などの諸費用も認めてもらえます。

任意売却の優位性
1

市場価格に近い価格で売却ができる。

2

市場価格に近い価格で売却ができる。

3

買受人を選定する事ができる。

4

引越に関するスケジュール等の打合せができる。

5

プライバシーを守ることができる。

債権者にも債務者にも競売になるより有利になる事例が多いのがこの「任意売却」なのです。
手遅れになる前に、プロにご相談下さい!! tell:06-6844-6000
WEBからのお問い合わせはこちら
at home 掲載物件
大阪府豊中市 戸建て
大阪府豊中市 マンション
大阪府八尾市 戸建て
大阪府八尾市 マンション
株式会社ワールド・ワン
ハウジングネットワーク販売株式会社